不動産売却の基本情報・高く売る為のコツ

  1. TOP
  2. 不動産売却の基本情報・高く売る為のコツ

不動産売却の基本情報・高く売る為のコツ

家は一生に一度の大きな買物とも言われることもあり、住み慣れた家や土地、マンションなどの売却はそうそう経験することではありません。それだけに思い入れがある物件ならなおさら、売り手買い手とも希望通りの価格でお互い納得できる形で商談を進められたら理想的です。こちらではページでは、不動産売却をより円滑に行うために、事前に知っておきたい基本情報と売主様にとって有利な売却をするためのコツをご紹介します。

売却前に確認すること

売却前には、少なくとも次のことを確認しておきましょう。お分かりにならないことは、若松区・八幡西区の不動産会社「リブホーム」へお気軽にご相談ください。

確認事項1 地域の相場を把握・手元に残る金額の確認

可能な限り高く売却することを目指すことは当然のことですが、相場を大きく超えた価格では、売れるものも売れません。まずは、その地域の相場を把握しておくことが大切です。

また、売却代金がそのまま手元に残るわけではありません。
諸費用がかかることを忘れないようにしましょう。
なお、住宅ローンの残債があるときは、
後々のトラブルを避けるために詳細確認が必要です。

確認事項2 権利関係の確認

基本的なことですが、売却する不動産の権利関係を登記簿で必ず確認しましょう。
共有名義の不動産売却は全員の合意が必要です。
また、借地権付きの一戸建て住宅を売る場合は、土地の所有者の承認が必要になります。

確認事項3 隣地との境界線・実際の面積

土地の売却における非常に重要な確認事項に、隣地との境界があります。境界標や地積測量図などで、正確に確認しておきましょう。

確認事項4 瑕疵(かし)・老朽化の対処法

雨漏りや傾きなどの「瑕疵」があったり、老朽化が進んだりしている場合は、修復やリフォームをして売却するか、価格から相応の費用を引くかを選択する必要があります。

売却に必要な費用は?

不動産を売却するときには、一般的に次の費用がかかります。

仲介手数料 売買を仲介した不動産会社に支払う手数料で、
宅建業法により、売却代金に応じた計算式が定められています。
印刷紙 契約時に交わす不動産売買契約書に貼る印紙代。印紙税法に
よって、金額に応じた収入印紙を貼ることが定められています。
抵当権抹消費用 物件を担保に住宅ローンを組んでいて抵当権が設定されている場合に、その権利を抹消するのに必要な登録免許税や、司法書士への報酬などが必要です。
譲渡税 不動産を買った価格よりも高く売却するなどして利益が生じた場合は、所得税と住民税がかかります。条件が合えば軽減措置もあります。
その他の費用 売却条件によって建物の解体費用、測量費用、リフォーム代などがかかる場合があります。住んでいる家を売却した場合は、引越費用などもかかります。

できるだけ高く売るコツ

その1 地域の相場を把握・手元に残る金額の確認

毎週決まった曜日にポスティングされる不動産チラシを見ると、
いつまでも同じ物件が載っているケースはありませんか?
こういった物件は、価格に見合わない「売れ残り」という印象が否めないはずです。不動産を探している人は、新着情報に敏感です。逆に言えば、不動産をなるべく高く売るコツは、「できるだけ早く売ること」なのです。

その2 早く売ること

では、どうすれば早く売れるか?
答えはシンプルです。
物件を探している人が多い立地や広さなどを考慮して、相場に合った適正な価格で売り出すことです。
たとえば、「若松区の戸建てで、この築年数と間取りなら2000万円」「八幡西区でこの規模のマンションなら、700万円」という目安となる価格を参考にするとよいでしょう。
地域や物件の条件から見て、適正な価格で売却することが、1番早く、そして高く売るコツなのです。

  • 仲介売却についての詳しい説明をご確認ください
  • まずはリブホームへお問い合わせください

売却無料査定はこちらから!メールで24時間受付中!